「理科・社会・国語」に特化

完全個別1:2の授業形式

個別指導と一括りにしても実際には色々な部分で大きな違いがあります。 1:1では講師が付きっきりの状態が多いため自分で考えていく自立性が育ちにくく、また1:3では講師が他のお子様を見ている時間が多く自習形式になりやすい。そんな声を元にSSJでは1:2での授業形式を採用させて頂いております。  お子様の顔や性格が異なるように最適な学習スタイル・学習法などは場面により異なります。一人一人に合った授業提供を講師が一体となって行い全力でお子様のサポートを行わせて頂きます。

授業方針(予復習型のハイブリッド授業)

教科書中心の予習型で基本的には授業を行なっております。塾にて予習をする事で学校の学習内容が分かり、勉強に対して前向きになることが出来ます。 また既習内容が理解できていない場合では予習が難しいケースがございます。その際には既習内容を復習して理解して頂いてから予習に向かってもらうように取り組んで行きます。そのためSSJでは予習も復習も両方行う、ハイブリッド型を採用しております。